先週の木曜日

前日の水曜日レッスンの振り替えで来た

小学3年生のY君


家の中にいてもわんわん鳴き声が聞こえて

誰かいなと出てみるとY君で


「どうしたの?」と聞いても要領を得ない


レッスン室の長椅子に寝転んで泣き続ける


よくよく聞くと

・今日は6時間で帰るのが遅いのに、宿題が多くて2時間くらいかかる

・遊ぶ時間がなくなる


だそうで


そうか、ピアノの日を変更したから時間がなくなったんだね

ごめんね

今日は、もうピアノしないで帰る?

そしたら、遊ぶ時間あるよ?と提案してみる


・ピアノはやる

・このまま帰っても宿題は終わらない

・算数の宿題で難しい


との返事



先生の出来る事はなに?

宿題手伝うわけにも行かないし。。。困ったね


「6時間の時くらい宿題少しにしてくれたらいいのに」


しゃっくりあげながら、抗議している


宿題減らして下さいって、私が言うわけにも行かんしね〜


な〜んて言ってる間に、泣きも少し収まって


ピアノ弾くわと教材を用意して弾き始める


そこからはいつもの風景

笑ったり、弾いたりで、無事レッスン終わり


何事もなく帰って行くY君


先日のN音ちゃんといい、泣いてる子をなだめて

「ば~ば」は大変です




二度あることは三度ある


次に泣くのはだれかな?(๑・̑◡・̑๑)






の方へも
よろしければ、お立ち寄りください