どうせやらなきゃいけないことなら 

楽しんでやろう!が
 
私のスタイル

前を向かなきゃ何もはじまらない  
   

この4月から我がピアノ教室へ来ている保育園児のYちゃん


今日は、保育園の「わくわくコンサート」で、3歳のクラスの発表を観に行って来ました


昨日のレッスンの時に、お母様から詳しい時間も教えていただいて



このYちゃんは、体験の時からほとんど何もせずお母さんにくっついて


本人がピアノを習いたいと言ったそうで、ご紹介で来られたのですが


ピアノを触るのも、カスタを叩くのもお母さんに手を握ってもらって


シャボン玉の線をなぞって色をぬったりは、一人でしますが


そばにお母さんがずっといないとダメで



こりゃ無理かなと思っていたら

本人は帰りはとても元気でピアノ行くと言うらしく


しばらくお母さんと一緒にレッスンをさせてもらって


彼女は4月が誕生日で、4歳になったら一人でレッスンするとお母さんと約束していたのに


結局離れられず、今に至っているんです



やめる?とお母さんが聞くと辞めるのは嫌だと



最初は、いつもお母さんの後ろに隠れて来て


鍵盤が重いのかと電子オルガンでレッスンを


もちろんお母さんと一緒に椅子に並んで座って



家のキーボードではちゃんと弾けるそうですが


絶対一人で弾かなくてお母さんが上から一緒に指を押す。。みたいな


オルガンで猫の鳴き声で遊んだり、オルガンで弾いているうちに


宿題もお母さんが手を添えているけど一人で弾いてるっぽい〜になって来て


Yちゃんも音符のトランプは大好きで、それだけは一人で(笑)



この一ヶ月の間に、オルガンから電子ピアノにそしてピアノに


今では一人で弾けるようになって、何回も弾きます


初めて一人で弾いた時は涙が出そうになるくらい嬉しくて


お母様とも、やっとここまで来ましたねと♪( ´▽`)


それに、最近はレッスンに来るときに走って来るそうで


お母さんが、ハアハア言いながら来られます(๑˃̵ᴗ˂̵)



もう少ししたら、(お母さんに)途中帰ってもらいましょうねとこっそりお母様と約束して(╹◡╹)


で、今日のコンサートの話を聞いて


お母様が笑いながら、レッスンの時に絶対触らなかった楽器をするんですって



カスタをしたかったけど、タンバリンになったってYちゃんが


え〜〜〜!!!
 

タンバリンもカスタもあるよって大笑い






一番右端で思いっきりバンザイしているYちゃん


今度のレッスンでは、タンバリン叩いても〜らおっと(*^▽^*)




よろしければ、お立ち寄りください